機械・材料・海洋系学科 機械工学教育プログラム研究室紹介

応用固体力学研究室

キーワード:
構成モデル、接触・摩擦、数値解析、自己治癒材料、テラメカニクス
准教授
尾崎 伸吾OZAKI, Shingo
専門分野
計算力学、材料力学、トライボロジー
主な担当授業科目
  • 機械系の数学演習I (1年)、
  • 材料力学I (1年)、
  • 機械要素設計製図II (2年)、
  • 機械工学実験 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

変形や運動の実践的モデリングを目指して

固体の変形・破壊や接触・摩擦現象などの実践的モデリング,及びそれに基づく数値解析に関する研究に取り組んでいます。

  • Finite element analysis of the damage and healing behavior of self-healing ceramic materials,International Journal of Solids and Structures,100,307/318,2016(共著)
  • Finite element analysis of periodic ripple formation under rigid wheels,Journal of Terramechanics,61,11/22,2015(共著)
  • Numerical analysis of stick-slip instability by a rate-dependent elastoplastic formulation for friction,Tribology International,43-11,2120/2133,2010(共著)
  • Analysis of in-plane elastic modulus for a hexagonal honeycomb core: Effect of core height and proposed analytical method,Composite Structures,88-1,17/25,2009(共著)
  • Constitutive equation for friction with transition from static to kinetic friction and recovery of static friction,International Journal of Plasticity,24-11,2102/2124,2008(共著)

ページの先頭へ