機械・材料・海洋系学科 材料工学教育プログラム研究室紹介

材料強度制御研究室

キーワード:
材料強度、界面強度、材料組織制御、複合材料、コーティング
准教授
長谷川 誠HASEGAWA, Makoto
専門分野
材料強度学, 材料組織学, 破壊力学
主な担当授業科目
  • 機械加工実習 (2年)、
  • 機械設計 (2年)、
  • 加工学 (2年)、
  • 材料強度学 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

信頼性の高い新規構造材料の創出を目指して

金属や合金、セラミックスの組織制御や複合化により、瞬時の破壊を防止する機能を付与した新規材料の実現を目指しています。

  • Lamellar Orientation Control in TiAl Base Alloy by a Two-step Compression Process at High Temperature, Materials Science and Engineering A, 508 (2009) 106-113(共著)
  • 金属粒子の違いが金属粒子分散アルミナ複合材料の破壊靱性に与える影響、日本金属学会誌 第78巻 第5号 (2014) 195-200 (共著)
  • Microstructural control of Ti-46Al-7Nb-0.7Cr-0.2Ni-0.1Si alloy by heat treatment, Int. J. Mater. Res. 105 (2014) 1075-1083(共著)
  • Delamination property of modeled air plasma sprayed-thermal barrier coatings under shear loading: effect of difference in chemical composition of bond coat, Procedia Materials Science, 12 (2016) 83-88 (共著)
  • Effects of heat exposure time and temperature on the delamination behavior of air plasma-sprayed thermal barrier coatings under shear loading, Materials Transactions, 57 (2016) 1138-1146(共著)

ページの先頭へ