機械・材料・海洋系学科 海洋空間のシステムデザイン教育プログラム研究室紹介

船舶流体シミュレーション研究室

キーワード:
船舶工学、流体性能、計算流体力学
教授
日野 孝則HINO, Takanori
専門分野
船舶流体力学、計算流体力学
主な担当授業科目
  • 推進性能論 (3年)、
  • 応用流体力学演習 (3年)、
  • 応用流体力学実験 (3年)、
  • 応用流体力学輪講 (4年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

数値シミュレーションで流体現象を解明する

計算流体力学による数値シミュレーションを用いて流体現象を解析し、高性能な流体機器の設計に活用します。

  • 表面粗度を考慮した船体まわり粘性流の計算、第25回数値流体力学シンポシウム、2011(単著)
  • キャビテーション・タンネルにおけるフローライナーを用いた制限水路影響軽減法の数値シミュレーション、日本船舶海洋工学会論文集、11、81/89、2010(共著)

ページの先頭へ