キーワード:計算力学

機械・材料・海洋系学科 機械工学教育プログラム


機械数理研究室

キーワード:
計算力学、材料力学、弾塑性力学、設計工学、トライボロジー
准教授
尾崎 伸吾OZAKI, Shingo
専門分野
計算固体力学、強度設計
主な担当授業科目
  • 機械要素設計製図I (2年)、
  • 機械要素設計製図II (2年)、
  • 生産機械工学実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

変形や運動の実践的モデリングを目指して

固体の変形や接触・摩擦現象等の実践的モデリング、およびそれに基づく数値解析に関する研究に取り組んでいます。

  • Elastoplastic formulation for friction with orthotropic anisotropy and rotational hardening, International Journal of Solids and Structures, 42-5, 1705/1727, 2012年(共著)
  • 皿ばねの変形挙動に及ぼす端部摩擦の影響、自動車技術会論文集、41-6、1205/1210、2010年(共著)

機械・材料・海洋系学科 機械工学教育プログラム


数値材料力学研究室

キーワード:
材料力学、計算力学、数値シミュレーション
准教授
松井 和己Matsui,, Kazumi
専門分野
計算力学
主な担当授業科目
  • 材料力学I (1年)、
  • 材料力学II (2年)、
  • コンピューティング演習 (1年)、
  • 機械系の数学演習II (1年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

シミュレーションにおける「リアル」を求めて

工業製品やその構成部品にどのような「ちから」が作用しているのかなどを予測するためのシミュレーション技術を開発しています。

  • 非線形有限要素法、森北出版、2012(共著・訳)
  • 有限要素法、丸善、2008(共著・訳)
  • 均質化理論に基づく非線形力学挙動のミクロ-マクロ連成モデリング、機械学会論文集A、516/523、2000(共著)

機械・材料・海洋系学科 機械工学教育プログラム


数理モデリング研究室

キーワード:
コンピュータシミュレーション、計算力学、有限要素法
教授
山田 貴博YAMADA, Takahiro
専門分野
計算力学、数値解析、連続体力学
主な担当授業科目
  • 機械系の数学演習II (1年)、
  • 計算工学基礎 (2年)、
  • 有限要素法入門 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

コンピュータシミュレーションの信頼性向上を目指して

ものつくりのためのコンピュータシミュレーション技術について、理論から応用まで幅広く研究しています。

  • 移流拡散問題におけるBスプライン基底関数を用いた特性ガラーキン法、日本計算工学会論文集、20120001、2012(共著)
  • 背景直交格子を用いた領域分割型重合メッシュ有限要素法、土木学会論文集 A2(応用力学)、67-2、I_117-I_125、2011(共著)
  • 高性能有限要素法、丸善、2007(単著)

ページの先頭へ