キーワード:変形・破壊モデリング

機械・材料・海洋系学科 材料工学教育プログラム


金属物理学研究室

キーワード:
結晶の構造・組織、電子顕微鏡、歪解析、変形・破壊モデリング
教授
梅澤 修UMEZAWA, Osamu
専門分野
金属組織学、材料強度学
主な担当授業科目
  • 基礎結晶学 (2年)、
  • 結晶塑性学 (2年)、
  • 鉄鋼材料 (3年)、
  • 材料設計ゼミナール (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

材料の中をのぞいてみよう

微視組織(microstructure)を設計して、金属材料の変形や破壊挙動との関係を研究しています。

  • A modeling approach to evaluate grain interaction induced by {111}<1-10> planar slips in face centered cubic polycrystalline materials, ISIJ International, 52-6, 1163/1171, 2012(共著)
  • Theoretical investigations of interstitial atoms in bcc metals: Local lattice distortion and diffusion barrier, Computational Materials Science, 58-1, 67/70, 2012(共著)
助教
古賀 紀光KOGA, Norimitsu
専門分野
金属組織学、材料強度学
主な担当授業科目
  • 材料工学実験I (3年)、
  • 材料工学実験II (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

なぜ硬いのか?なぜ伸びるのか?

金属材料の機械的性質(硬さ、伸び、靭性など)を決める因子(微視組織など)を解明することを目指して研究しています。

  • 金属組織写真とデジタル画像相関法を活用したDP鋼の階層的ひずみ分布解析, 鉄と鋼, 100-10, 1238/1245, 2014 (共著)
  • Proposal of an Engineering Definition of a Fatigue Crack Initiation Unit for Evaluating the Fatigue Limit on the Basis of Crystallographic Analysis in Case of Pearlitic Steel, International Journal of Fracture, 185, 17/29, 2013 (共著)
  • Distribution of elastic strain in a pearlite structure, Scripta Materialia, 67, 400/403, 2012 (共著)

ページの先頭へ