キーワード:機能性高分子

化学・生命系学科 化学教育プログラム


高分子化学研究室

キーワード:
機能性高分子、熱硬化性樹脂、感光性ポリマー、天然由来高分子
教授
大山 俊幸OYAMA, Toshiyuki
専門分野
機能性高分子、感光性高分子
主な担当授業科目
  • 高分子化学I (3年)、
  • 高分子化学II (3年)、
  • 化学EP演習III (3年)、
  • 化学EP実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

「機能」をもつ高分子を創出する

感光性ポリマーやタンパク質類似高分子、高性能熱硬化性樹脂など、「機能」をもったポリマーの創出について研究しています。

  • Photosensitive poly(vinylene carbonate)s based on reaction development patterning with dilute aqueous alkaline solution, Polym. Int., 64, 1560-1567 (2015). (共著)
  • 改質剤のin situ生成を利用したエポキシ樹脂等の強靭化,ネットワークポリマー,36, 211-222 (2015). (単著)
  • 反応現像型感光性ポリマーによるポジ型およびネガ型微細パターン形成,科学と工業,88, 405-414 (2014). (単著)
助教
所 雄一郎TOKORO, Yuichiro
専門分野
有機合成化学、高分子合成化学
主な担当授業科目
  • 化学・生命基礎実験II (2年)、
  • 化学EP実験I (3年)、
  • 化学EP演習III (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

元素の特徴と高次構造設計に基づく機能分子の創出

ホウ素やケイ素,分子全体の形に由来する特異的な光機能や刺激応答性を有する分子の創出について研究を行っています。

  • Synthesis and Structures of N-Hetero-ortho-Phenylene Hexamers Containing 2,3-Substituted Pyridine Moieties, Eur. J. Org. Chem., 7666/7669,2015(共著)
  • Synthesis of Silaphenalenes by Ruthenium-Catalyzed Annulation between 1-Naphthylsilanes and Internal Alkynes through C–H Bond Cleavage,Chem. Eur. J.,21,13229/13232,2015(共著)
  • Synthesis of π-Conjugated Polymers Containing Benzodipyrrole Moieties in the Main Chain through Cleavage of C-H Bonds in 1,4-Bis(acetylamino)benzene, ACS Macro Lett., 4, 689/692, 2015(共著)

化学・生命系学科 化学教育プログラム


高分子電気化学研究室

キーワード:
電気化学、機能性高分子、化学エネルギー変換、イオン液体、ナノマテリアル
教授
渡邉 正義WATANABE, Masayoshi
専門分野
電気化学、高分子化学
主な担当授業科目
  • 物質科学 (1年)、
  • 電気化学 (3年)、
  • 高分子化学II (3年)、
  • 化学コース演習II (3年)、
  • 化学コース実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

高分子を用いてエネルギーと情報を科学する

持続可能な社会を維持できる科学技術を構築するために、エネルギー変換・貯蔵材料やナノマテリアルに関する研究を進めています。

  • Oxidative-Stability Enhancement and Charge Transport Mechanism in Glyme-Lithium Salt Equimolar Complexes, J. Am. Chem. Soc., 133, 13121-13129 (2011)
  • 最先端材料システムワンポイント2 「イオン液体」、 共立出版、 2012.(共著、代表執筆者)
教授
獨古 薫DOKKO, Kaoru
専門分野
電気化学、エネルギー変換材料
主な担当授業科目
  • 電気化学 (3年)、
  • 化学コース演習II (3年)、
  • 化学コース実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

高効率エネルギー変換・貯蔵デバイスの開発

リチウムイオン二次電池のようなエネルギー変換・貯蔵デバイスの高効率化を、電気化学の見地から設計・開発を遂行しています。

  • Change from Solutions to Quasi-Ionic Liquids for Binary Mixtures Consisting of Lithium Bis(trifluoro-methylsulfonyl)amide and Glymes, J. Phys. Chem. C, 115, 18384-18394 (2011)
  • 最先端材料システムワンポイント5 「最先端電池と材料」、共立出版、2012.(共著)
特別研究教員
小久保 尚KOKUBO, Hisashi
専門分野
高分子化学
主な担当授業科目
  • 化学実験 (1年)、
  • 化学・生命基礎実験I (2年)、
  • 化学コース実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

機能材料を目指し新たな高分子を創製する

イオン液体と組み合わせることで特異な性質を示す高分子を合成化学的に創製することで、新しい材料の開発を目指しています。

  • Polymer Actuators Using Ion-Gel Electrolytes Prepared by Self-Assembly of ABA-Triblock Copolymers, Macromolecules, 45, 401-409, (2012). (共著)
  • イオン液体 ~イオンのみから成る揮発しない液体~、化学と教育、60、124_125 (2012). (共著)

ページの先頭へ