キーワード:脂質

化学・生命系学科 化学応用教育プログラム


コロイド界面化学研究室

キーワード:
界面科学、コロイド化学、分子集合体、界面活性剤、脂質
准教授
荒牧 賢治ARAMAKI, Kenji
専門分野
物理化学、コロイド化学
主な担当授業科目
  • 物質科学 (1年)、
  • 化学・生命基礎演習 (1年)、
  • 化学応用EP演習I (2年)、
  • 化学応用EP実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

分子集合体構造を利用した人々の幸せに役立つ素材開発

ミセルやリオトロピック液晶などの分子集合体を利用して、化粧品、医薬品などの製剤技術に役立つ研究をしています。

  • 界面活性剤分子集合体の構造制御と溶液物性コントロール、色材、83、13/20、2009(共著)
  • 界面化学から見たマイクロ・ナノカプセル化技術、ファインケミカル、41-4、25/30、2012(単著)
  • 次世代経皮吸収型製剤の開発と応用、シーエムシー出版、2011(共著)

ページの先頭へ