キーワード:無機多孔体

化学・生命系学科 化学応用教育プログラム


反応工学研究室

キーワード:
熱利用、化学蓄熱、無機多孔体、分離膜、水素エネルギー
講師
相原 雅彦AIHARA, Masahiko
専門分野
反応工学、分離工学、化学工学
主な担当授業科目
  • 化学実験 (1年)、
  • 化学・生命基礎演習B (2年)、
  • 化学工学I (2年)、
  • 化学・生命情報処理基礎 (2年)、
  • 化学・生命基礎実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

反応と分離を融合した高度なエネルギー変換技術

機能性無機多孔体を分離膜や吸収体として開発・設計し、反応工学と分離工学を融合した高度エネルギー変換技術を研究しています。

  • メタン水蒸気改質における2種類の水素選択透過膜反応器の実験的及び理論的比較、水素エネルギーシステム、3-2、30/372008(共)
  • Decarbonation and pore structural change of Ca-solid reactant for CaO/CO2 chemical heat pump, Journal of Chemical Engineering of Japan, 41-6, 513/518, 2008(共)

ページの先頭へ