キーワード:リスク情報基盤

化学・生命系学科 化学応用教育プログラム


エネルギー安全工学研究室

キーワード:
安全工学、エネルギー、爆発、化学災害リスク、リスク情報基盤
教授
三宅 淳巳MIYAKE, Atsumi
専門分野
安全工学、リスク分析、爆発工学
主な担当授業科目
  • 化学・生命基礎演習 (1年)、
  • 安全・環境化学 (2年)、
  • リスク分析学 (3年)、
  • 安全工学概論 (3年)、
  • 安全工学概論 (4年)、
  • 化学応用EP実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

エネルギーサイクルを制御する安全の科学技術

安全、環境、持続性を支えるエネルギー物質の創生や制御、関連施設のリスク管理技術などの実践的研究を行っています。

  • 化学プロセスの熱的リスク評価、丸善、2011(監訳)
  • 新版 エネルギー物質ハンドブック、共立出版、2010(共著)
  • Risk reduction concept to provide design criteria for emergency systems for onshore LNG plants, J. Loss Prev. Process Ind., 24-4, 383/390, 2011(共著)
助教
伊里 友一朗IZATO, Yuichiro
専門分野
安全工学、燃焼学、リスク共生学、化学反応論
主な担当授業科目

E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

化学反応の観点からエネルギー発生反応を制御

ロケット推進剤の燃焼や化学プロセスの爆発防止に関して、化学反応の観点から研究を行っています。

  • Identification of thermal decomposition products and reactions for liquid ammonium nitrate on the basis of ab ignition calculation, Int. J. Chem. Kinet. 2016 (online)(共著)
  • イオン液体研究最前線と社会実装,CMC出版,2016(共著)

ページの先頭へ