キーワード:再資源化技術

化学・生命系学科 化学応用教育プログラム


環境安全工学研究室

キーワード:
持続可能社会、水環境工学、再資源化技術、環境装置工学
教授
藤江 幸一FUJIE, Koichi
専門分野
環境工学、化学工学、生態工学
主な担当授業科目
  • 安全・環境と社会 (1年)、
  • 化学・生命基礎演習 (1年)、
  • 環境工学II (3年)、
  • 化学応用EP実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

物質循環システムで低環境負荷社会を実現!

少ない資源・エネルギー消費と環境負荷で人間活動に必要な機能を提供できる持続可能社会の実現を目指した研究開発です。

  • 持続可能社会に向けた物質および水資源の循環利用に関する研究、環境科学会誌、24(1)、49-54、2011 (共著)
  • 高温高圧水による鋳物製造使用済み鋳物砂の再生および改質、廃棄物資源循環学会論文誌、21(6)、202-209(2010)(共著)
  • よくわかる水リサイクル技術、オーム社、2012
  • 炭素繊維および炭素繊維強化樹脂への水熱反応の適用, 環境科学会誌,27(2),84-92(2014)(共著)
  • 新訂環境工学、NHK出版、2013(共著)

ページの先頭へ