キーワード:分離工学

化学・生命系学科 化学応用教育プログラム


環境分離プロセス工学研究室

キーワード:
化学工学、分離工学、水環境、計測制御、膜分離
准教授
中村 一穂NAKAMURA, Kazuho
専門分野
化学工学、分離工学
主な担当授業科目
  • 物質工学と社会 (1年)、
  • 化学・生命基礎演習 (1年)、
  • 化学工学III (3年)、
  • 化学応用EP実験I (3年)、
  • 粉粒体工学 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

機能分子からプロセス設計まで化学を活用!

水環境を切り口に、機能性分子の開発から化学プロセスの設計まで、マルチスケールの研究を行っています。

  • Response of zeta potential to cake formation and pore blocking during the microfiltration of latex particles, J. Membr. Sci., 401-402, 274/281,(2012)(共著) 
  • Electrical Phenomena at Interfaces and Biointerfaces, Wiley, 2012 (共著)

化学・生命系学科 化学応用教育プログラム


環境生物化学工学研究室

キーワード:
生物工学、環境工学、分離工学、衛生工学、廃水処理
特別研究教員
新田見 匡NITTAMI, Tadashi
専門分野
生物工学、環境工学、分離工学
主な担当授業科目
  • 化学・生命基礎実験II (2年)、
  • 化学応用EP演習III (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

微生物と分離技術を用いた環境問題の解決

微生物群集解析や固液分離の手法をもとに、廃水処理プラントなど、生物プロセスの新たな運転・制御方法を研究しています。

  • Strategy for the biotransformation of fermented palm oil mill effluent into biodegradable polyhydroxyalkanoates by activated sludge, Chem Eng J, 269, 288/297, 2015(共著)
  • Effect of compressibility of synthetic fibers as conditioning materials on dewatering of activated sludge, Chem Eng J, 268, 86/91, 2015(共著)
  • Fluorescence in situ hybridization probes targeting members of the phylum Candidatus Saccharibacteria falsely target Eikelboom type 1851 filaments and other Chloroflexi members, Environ Microbiol Rep, 6-6, 611/617, 2014(共著)
  • Influence of surface hydrophilicity on polytetrafluoroethylene flat sheet membrane fouling in a submerged membrane bioreactor using two activated sludges with different characteristics, J Membr Sci, 463, 183/189, 2014(共著)
  • Modification of oxygen transfer rates in activated sludge with its characteristic changes by the addition of organic polyelectrolyte, Chem Eng J, 225, 673/678, 2013(共著)

ページの先頭へ