キーワード:電気化学

化学・生命系学科 化学教育プログラム


高分子電気化学研究室

キーワード:
電気化学、機能性高分子、化学エネルギー変換、イオン液体、ナノマテリアル
教授
渡邉 正義WATANABE, Masayoshi
専門分野
電気化学、高分子化学
主な担当授業科目
  • 物質科学 (1年)、
  • 電気化学 (3年)、
  • 高分子化学II (3年)、
  • 化学コース演習II (3年)、
  • 化学コース実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

高分子を用いてエネルギーと情報を科学する

持続可能な社会を維持できる科学技術を構築するために、エネルギー変換・貯蔵材料やナノマテリアルに関する研究を進めています。

  • Oxidative-Stability Enhancement and Charge Transport Mechanism in Glyme-Lithium Salt Equimolar Complexes, J. Am. Chem. Soc., 133, 13121-13129 (2011)
  • 最先端材料システムワンポイント2 「イオン液体」、 共立出版、 2012.(共著、代表執筆者)
教授
獨古 薫DOKKO, Kaoru
専門分野
電気化学、エネルギー変換材料
主な担当授業科目
  • 電気化学 (3年)、
  • 化学コース演習II (3年)、
  • 化学コース実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

高効率エネルギー変換・貯蔵デバイスの開発

リチウムイオン二次電池のようなエネルギー変換・貯蔵デバイスの高効率化を、電気化学の見地から設計・開発を遂行しています。

  • Change from Solutions to Quasi-Ionic Liquids for Binary Mixtures Consisting of Lithium Bis(trifluoro-methylsulfonyl)amide and Glymes, J. Phys. Chem. C, 115, 18384-18394 (2011)
  • 最先端材料システムワンポイント5 「最先端電池と材料」、共立出版、2012.(共著)
特別研究教員
小久保 尚KOKUBO, Hisashi
専門分野
高分子化学
主な担当授業科目
  • 化学実験 (1年)、
  • 化学・生命基礎実験I (2年)、
  • 化学コース実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

機能材料を目指し新たな高分子を創製する

イオン液体と組み合わせることで特異な性質を示す高分子を合成化学的に創製することで、新しい材料の開発を目指しています。

  • Polymer Actuators Using Ion-Gel Electrolytes Prepared by Self-Assembly of ABA-Triblock Copolymers, Macromolecules, 45, 401-409, (2012). (共著)
  • イオン液体 ~イオンのみから成る揮発しない液体~、化学と教育、60、124_125 (2012). (共著)

化学・生命系学科 化学応用教育プログラム


環境リサイクル工学研究室

キーワード:
レアアース、電気化学、物理化学、環境調和型材料
准教授
松宮 正彦MATSUMIYA, Masahiko
専門分野
環境電気化学、環境物理化学
主な担当授業科目
  • 化学・生命基礎演習B (1年)、
  • 電気化学A (2年)、
  • 応用電気化学 (3年)、
  • 化学応用EP実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

環境に優しい新時代のリサイクル技術を開発

省エネルギーで、環境に優しい新時代のレアアースリサイクル技術を開発しています。

  • イオン液体電析によるレアメタルの回収、レアメタル・希少金属リサイクル技術の最先端、第2章§3、64-75、(2011)(共著)
  • イオン液体電析法による鉄族金属の分離及びネオジム金属の回収、日本金属学会誌、75(11)、607-612、(2011)(共著)

化学・生命系学科 化学応用教育プログラム


エネルギー変換化学研究室

キーワード:
グリーン水素、燃料電池、水電解、溶融塩、電気化学
教授
光島 重徳MITSUSHIMA, Shigenori
専門分野
電気化学工学
主な担当授業科目
  • エネルギー工学序論 (1年)、
  • 化学・生命基礎演習B (1年)、
  • 電気化学A (2年)、
  • 応用電気化学 (3年)、
  • 化学応用EP実験I (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

グリーン水素社会を目指したシステムと材料

グリーン水素で再生可能エネルギーの大幅導入を目指して燃料電池・水電解のシステム及び材料を研究・探索。

  • Progress in non-precious metal oxide-based cathode for polymer electrolyte fuel cells, Electrochimica Acta, 55, 8005/8012, 2010(共著)
  • 再生可能エネルギーと大規模電力貯蔵、日刊工業新聞社、2012年(共著)(6-6節執筆)
准教授
松澤 幸一MATSUZAWA, Koichi
専門分野
応用電気化学
主な担当授業科目
  • 無機化学II (2年)、
  • 化学・生命基礎実験II (2年)、
  • 化学エネルギー論 (3年)、
  • 化学応用EP演習II (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

エネルギー変換デバイスの材料開発

電気化学手法を用いてエネルギー変換デバイス(燃料電池・水電解等)の材料の研究開発。

  • Solubilities of NiO and LaNiO3 in Li/Na Eutectic Carbonate with Rare-earth Oxide, J. Power Sources, 196-11, 5007/5011, 2010(共著)
  • 再生可能エネルギーと大規模電力貯蔵、日刊工業新聞社、2012年(共著)(6-3節執筆)

ページの先頭へ