キーワード:金属疲労

化学・生命系学科 化学応用教育プログラム


エネルギー機器材料研究室

キーワード:
材料強度学、エネルギー機器、金属疲労、自己修復材料、表面改質
教授
高橋 宏治TAKAHASHI, Koji
専門分野
材料力学、材料強度学
主な担当授業科目
  • 材料力学 (2年)、
  • 材料強度学 (3年)、
  • 機械装置設計 (3年)、
  • 機械装置製図 (3年)、
  • 化学応用EP実験 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

構造材料の信頼性向上と長寿命化の実現

エネルギー機器や自動車に用いられる材料の信頼性向上と高性能化に関する研究を行っています。

  • 自己治癒性セラミックスの開発、化学と工業、65-4、317/319、2012(単著)
  • 二軸応力場に着目したエルボ配管の低サイクル疲労寿命評価、圧力技術、50-4、184/193、2012(共著)
  • ショットピーニングによる高強度鋼における表面欠陥の無害化(き裂形状の影響),ばね論文集 59、13/18、2014(共著)
  • Improvement of strength and reliability of ceramics by shot peening and crack-healing、Journal of the European Ceramic Society、30-15、3047/3052、2010(共著)

ページの先頭へ