キーワード:環境バイオ工学

化学・生命系学科 バイオ教育プログラム


生物システム工学研究室

キーワード:
バイオプロセス、生体計測、複合糖質、環境バイオ工学
教授
武田 穣TAKEDA, Minoru
専門分野
応用生物化学
主な担当授業科目
  • 生物工学I (2年)、
  • 生化学 (2年)、
  • 微生物とウイルス (2年)、
  • 化学・生命基礎実験 (2年)、
  • バイオ実習 (1年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

身近な微生物に新規な高分子を見出す

身近な河川、湖沼、土壌に生息する微生物を調べて新しい機能や構造を持つ多糖系高分子を探し、その応用を模索します。

  • Presence of alternating glucosaminoglucan in the sheath of Thiothrix nivea. International Journal of Biological Macromolecules 50-1, 236/244 Jan. 2012 (共著)
特別研究教員
鈴木 市郎SUZUKI, Ichiro
専門分野
発酵工学、応用微生物学
主な担当授業科目
  • バイオ実習 (1年)、
  • バイオEP教習II (2年)、
  • バイオEP実験 (3年)、
  • 生命科学研究方法論 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

微生物複合系を用いて水を浄化する

地下水の金属汚染を除去する微生物複合系を利用した水処理システムにおいて、微生物群集の動態を解析しています。

  • Biological treatment for removal of iron, manganese, and arsenic from groundwater. Handbook of Metal Biotechnology, Pan Stanford Publishing, 11/25, 2012 (共著)
  • 生物ろ過がつくるおいしい水 -微生物複合系による地下水か らの重金属除去-、生物工学会誌、90-4、170/173、2012(単著)

ページの先頭へ