キーワード:RNA

化学・生命系学科 バイオ教育プログラム


分子生命学研究室

キーワード:
マウス、生殖細胞、RNA、分子生物学、モノクローナル抗体作製技術
教授
栗原 靖之KURIHARA, Yasuyuki
専門分野
RNA生物学、細胞工学
主な担当授業科目
  • 現代生物学I (1年)、
  • 分子生物学 (2年)、
  • 細胞遺伝学 (3年)、
  • バイオEP研修 (3年)、
  • バイオEP研修 (4年)、
  • 生命科学研究方法論 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

哺乳類高次生命現象をRNA制御からひもとく

神経や生殖などの高次生命現象ではRNAを精巧に制御することが重要な役割を持っています。この緻密な分子制御のメカニズムを解析し、疾患の研究に展開しようとしています。また、これらの研究に利用するモノクローナル抗体の革新的な作製技術の開発も進めています。

  • Acetylation of Prrp K150 regulates the subcellular localization., GENE 491巻, 1号, 13-19ページ, 2012/01(共著)
  • Maintenance of Dendritic Spine Morphology by Partitioning-Defective 1b through Regulation of Microtubule Growth. J Neurosci. 31巻, 34号, 12094-12103ページ, 2011/08(共著)
准教授
鈴木 敦SUZUKI, Atsushi
専門分野
発生生物学、細胞生物学
主な担当授業科目
  • 生物科学II (1年)、
  • バイオEP実習 (1年)、
  • 発生生物学 (3年)、
  • バイオEP研修 (3年)、
  • バイオEP研修 (4年)、
  • 生命科学研究方法論 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

哺乳類生殖細胞形成のメカニズムを解析する

私達の体を構成する体細胞は一代で死にますが、生殖細胞は子孫に受け継がれ、世代を超えて行き延びます。これを保障する分子メカニズムを明らかにしようと研究しています。

  • Interaction between NANOS2 and the CCR4-NOT deadenylation complex is essential for male germ cell development in mouse. PLoS One. (2012)
  • NANOS2 interacts with CCR4-NOT deadenylation complex and leads to suppression of specific RNAs. Proceedings of the National Academy of Sciences in USA. (2010)

ページの先頭へ