キーワード:船体運動

機械・材料・海洋系学科 海洋空間のシステムデザイン教育プログラム


海空制御システム研究室

キーワード:
大型実験水槽、海洋波浪、船体運動、航空機着水
准教授
平川 嘉昭HIRAKAWA, Yoshiaki
専門分野
船舶海洋工学
主な担当授業科目
  • 海洋工学と社会 (1年)、
  • 浮体運動学 (3年)、
  • 浮体運動学実験 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

波を知り、快適な乗り物を目指す!

安全快適な船の実現を目指して研究をしています。また、航空機の不時着水に関する研究も行っています。

  • 超小型方向波浪ブイの改良と実海域計測への適用、日本船舶海洋工学会講演会論文集、第12号、461/462、2012(共著)
  • 高速航行中母船船尾からの搭載艇降下揚収新システムの開発研究、日本船舶海洋工学会論文集、第11号、61/71、2010(共著)
特別研究教員
高山 武彦TAKAYAMA, Takehiko
専門分野
船舶海洋工学
主な担当授業科目
  • 浮体運動学実験 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

実験室内に実海域波浪を再現!

大学としては世界最大級の大型実験水槽(100m×8m×3。5m)を最大限に利用し、様々な実験的研究を実施しています。

  • 曳航水槽を利用した航空機不時着水時における衝撃圧と挙動に関する研究 (第一報)、日本船舶海洋工学会講演会論文集、第14号、385/386、2012(共著)
  • 実船対応コリオリ式垂直型アンチローリングシステム、日本船舶海洋工学会論文集、第12号、107/114、2010(共著)

ページの先頭へ