キーワード:グラフェン

数物・電子情報系学科 物理工学教育プログラム


先端光科学研究室

キーワード:
レーザー、フェムト秒、テラヘルツ、イメージング、グラフェン
教授
武田 淳TAKEDA, Jun
専門分野
光物理・レーザー分光
主な担当授業科目
  • 量子力学B (2年)、
  • インベスティゲ-ション実習 (3年)、
  • 光物理工学 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

超短光パルスで診る、撮る、創る、制御する

超高速で運動するさまを実時間で「診る」ための可視化技術を開発し、光パルスによる物質の制御、物性操作を目指します。

  • Single-Shot Time-Frequency Imaging Spectroscopy Using an Echelon Mirror, Opt. Lett. 37 (2012) pp. 1118-1120.(共著)
  • 光パルス及び強誘電体フォノンポラリトンのシングルショット時間・周波数 イメージング、レーザー研究、vol. 40、pp. 598-602 (2012). (共著)
  • Ultrafast Dynamics of Surface-Enhanced Raman Scattering Due to Au Nanostructures, Nano Lett. 11 (2011) pp. 2648-2654.(共著)
准教授
片山 郁文KATAYAMA, Ikufumi
専門分野
光物性・超高速分光
主な担当授業科目
  • 物理工学実験情報演習II (2年)、
  • 量子力学演習 (2年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

100兆分の1秒の世界を理解し制御する

10fs(100兆分の1秒)という極めて短い時間幅の光を駆使して電子・原子の運動や反応を制御することを目指しています。

  • K. Yoshioka, Y. Minami, K. Shudo, T. D. Dao, T. Nagao, M. Kitajima, J. Takeda, and I. Katayama, "Terahertz-field-induced Nonlinear Electron Delocalization in Au Nanostructures", Nano Letters 15, pp. 1036-1040 (2015).
  • K. Sato, K. Tahara, Y. Minami, I. Katayama, M. Kitajima, H. Kawai, K. Yanagi, and J. Takeda, "Resonant Enhancement of First- and Second-Order Coherent Phonons in Metallic Single-Walled Carbon Nanotubes", Phys. Rev. B 90, 235435: pp.1-5 (2014).
  • I. Katayama, R. Akai, M. Bito, E. Matsubara, and M. Ashida, “Electric field detection of phase-locked near-infrared pulses using photoconductive antenna”, Opt. Exp., 21, pp. 16248–16254 (2013).
  • I. Katayama, H. Aoki, J. Takeda, H. Shimosato, M. Ashida, R. Kinjo, I. Kawayama, M. Tonouchi, M. Nagai and K. Tanaka, "Ferroelectric Soft Mode in a SrTiO3 Thin-Film Impulsively Driven to the Anharmonic Regime Using Intense Picosecond Terahertz Pulses", Phys. Rev. Lett., 108, 097401: pp.1-5 (2012).
  • I. Katayama, H. Sakaibara, and J. Takeda, "Real-Time Time–Frequency Imaging of Ultrashort Laser Pulses Using an Echelon Mirror", Jpn. J. Appl. Phys., 50, 102701: pp. 1-5 (2011).

ページの先頭へ