キーワード:船体構造設計

機械・材料・海洋系学科 海洋空間のシステムデザイン教育プログラム


船舶海洋構造設計研究室

キーワード:
船体構造設計、構造解析、最適設計、船体強度
教授
岡田 哲男OKADA, Tetsuo
専門分野
船体構造設計、構造解析
主な担当授業科目
  • 材料力学・演習I (2年)、
  • 船体構造力学 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

安全性と経済性を両立させた最適構造設計の追究

船舶・海洋構造物の安全性・経済性を左右する構造設計手法について、様々な角度から研究を進めています。

  • 疲労強度に及ぼす板厚効果に関する研究と規則へのフィードバック、KANRIN、60号、27/37、2015(共著)
  • Analytical and Experimental Study on the Thickness Effect of Fatigue Strength in Large Scale Welded Model, Welding in the World, 58-3, 329/337, 2014(共著)
  • Design of Ship Hull Structures - A Practical Guide for Engineers, Springer, 2009(共著)

ページの先頭へ