キーワード:構造生物学

化学・生命系学科 化学教育プログラム


生物物理化学・構造生命化学研究室

キーワード:
NMR、蛋白質、ケミカルバイオロジー、細胞膜
教授
児嶋 長次郎KOJIMA, Chojiro
専門分野
蛋白質科学、構造生物学、ケミカルバイオロジー
主な担当授業科目
  • 構造生命化学 (3年)、
  • 化学EP演習II (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

化学の力で医療・食糧問題に挑む

人工素材で再現できない生体高分子の特異的な分子間相互作用の謎を、原子分解能の立体構造で明らかにしています。

  • Bacterial effector modulation of host E3 ligase activity suppresses PAMP-triggered immunity in rice,Nature Commun,5,5430,2014(共著)
  • 14-3-3 proteins act as intracellular receptors for rice Hd3a florigen,Nature,476,332/335,2011(共著)
  • A functional link between RuBisCO-like protein of Bacillus and photosynthetic RuBisCO,Science,302,286-290,2003(共著)
  • 基礎から学ぶ構造生物学,共立出版,2008(共著)
  • 第5版 実験化学講座8 NMR・ESR,丸善出版,2006(共著)
准教授
川村 出KAWAMURA, Izuru
専門分野
構造生物化学
主な担当授業科目
  • 化学・生命情報処理演習 (1年)、
  • 化学・生命基礎実験I (2年)、
  • 化学EP実験II (3年)、
  • 化学EP演習II (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

生命活動を支えるタンパク質の構造変化を捉える

生命活動を支えるタンパク質の機能を理解するために、タンパク質の構造変化を明らかにする研究を行っています。

  • The microwave heating mechanism of N-(4-methoxybenzyliden)-4-butylaniline in liquid crystalline and isotropic phase as determined by in-situ microwave irradiation NMR spectroscopy. Phys. Chem. Chem. Phys. 17 pp. 9082-89, (2015) (共著)
  • Color-Discriminating Retinal Configurations of Sensory Rhodopsin I by Photo-Irradiation Solid-State NMR Spectroscopy. Angew. Chem. Int. Ed. 53 pp. 6960-64, (2014). (共著)
  • 固体NMRによる膜タンパク質の構造と機能の解析について -最近の展開-, 酵素工学ニュース (酵素工学会) 71号, pp. 8-11, (2014)
  • Solid-State NMR Structure of a Lipid-Embedded Heptahelical Membrane Protein Trimer. Nature Methods 10 pp. 1007-12, (2013) (共著)
  • Conformation of a seven-helical transmembrane photosensor in the lipid environment. Angew. Chem. Int. Ed. 50 pp. 1302-05, (共著)

ページの先頭へ