メッセージ


理工学部長 眞田一志

 理工学部は、自らの専門分野における専門能力と高い倫理性を持ち、広く他分野の科学技術に目を向ける進取の精神に富む人材育成を目的として、理学から工学までの幅広い分野の基盤的学術を体系化した教育組織として2011年4月に設置されました。学士の学位を与える課程(教育プログラム:Education Program, EP)を中心とした教育を行うために、各学科には専門分野ごとに複数の教育プログラムがあり、特色ある教育課程が用意されています。2017年4月の都市科学部の設置に伴い、理工学部は3学科10教育プログラム体制となりました。現在、理工学部は、機械・材料・海洋系学科(機械工学EP、材料工学EP、海洋空間のシステムデザインEP)、化学・生命系学科(化学EP、化学応用EP、バイオEP)、数物・電子情報系学科(数理科学EP、物理工学EP、電子情報システムEP、情報工学EP)から構成されています。

 科学技術が急速に進歩する社会では、工学や理学の専門分野の壁を越え、自ら学ぶ力を養うことが求められています。自分の基礎となる専門分野の知識と能力をしっかり身につけ、広い視野を持つことが大切です。そのために、理工学部では、入学後の早期教育で学生が理学と工学の両者の素養を養い、専門分野の科目を体系的に学べるようにカリキュラムを用意しています。卒業時には、理学的センスを持った工学系技術者として、あるいは工学的センスを持った理学系科学者として、社会の中核で活躍する人材を育成します。

 横浜国立大学理工系学部・大学院は、大正9年(1920年)にその前身である横浜高等工業学校として発足以来、2020年に創立100 周年を迎えます。この間、多くの優秀な卒業・修了生を、産業界を初めとする各界に送り出し、わが国の発展に貢献してきました。学生の皆様が、伝統ある理工学部から社会に飛び立ち、世界で活躍されることを期待しています。

理工学部長 眞田 一志


ページの先頭へ